競馬の帯とは?帯馬券の取り方や払い戻し・税金について徹底解説

競馬の帯とは?帯馬券の取り方や払い戻し・税金について徹底解説

あなたは、競馬の【帯】がどういったものかご存じでしょうか?

競馬場や場外馬券売り場で極まれに【帯を手にする人】を見かけますが、【帯】とは一言でいうと超高額配当を手にした人を指します。

ほとんどの競馬ファンは、高配当を夢見て日々競馬予想に取り組まれていますが、その中でも【帯】はかんたんに手にできるものではありません。

それだけに、【帯】を手にするということは特別なものなのです。

ところで、【帯】がどういったものか競馬初心者の方はいまいちよく分からない方も多いでしょう。

当記事では競馬における【帯】の基本的な情報を説明した上で、取り方や払い戻し方法、さらには【帯】を手にしたときに発生する税金について解説します。

<本記事で解説すること>
  • 競馬における【帯】について解説
  • 競馬の帯馬券の取り方
  • 帯馬券の払戻方法
  • 帯馬券と税金の仕組み

パチンコが24時間スマホで打ち放題!

パチンコバナー画像

新クイーンカジノでは、CR機や現行のP機が24時間ネット経由で現金遊戯可能です。

パチンコ・パチスロは、現在では約300機種以上が設置されており、その数は日々増え続けています。

まずは、会員登録で入金不要ボーナス88$&フリースピン88回をゲットしましょう。

\出玉規制前の爆裂機が遊べる!/

目次

競馬における帯とは?読み方や定義を解説

競馬における帯とは?読み方や定義を解説

競馬における【帯】がどういったものなのか、全く分からないという競馬初心者の方も多いはずです。

最初に、帯がどういったものを指すのか解説します。

帯に関する基本的な情報をまとめたのでご覧ください。

読み方は「おび」

帯の読み方がわからないという方がいるかもしれませんが、帯の読み方は【おび】です。

頻繁に聞く言葉ではないかもしれませんが、大事な競馬用語なので読み方もしっかり覚えておきましょう。

あわせて読みたい
枠連ボックスは何通り?最強の点数計算方法や買い方・ゾロ目購入NGの理由を解説 馬券の購入方法がさまざまある中で、 「枠連ボックスとはどのような馬券なのだろう」 「枠連ボックスは初心者でも買いやすい馬券なのだろうか」 とお悩みの方もいるので...

帯=100万円以上の払い戻し

競馬における帯とは【100万円以上の払い戻し】を指し、人によっては帯のことを【帯馬券】と呼ぶケースもあります。

なぜ、100万円以上の払い戻しを帯と呼ぶかというと、競馬場や場外馬券売り場で払い戻しを受ける際、基本的には券売機で換金可能です。

ところが、100万円以上の配当になると券売機で対応しておらず、別の窓口に案内されて、職員の方から現金を受け取ります。

この際、100万円以上のお札はJRAのロゴが入った帯でまとめられていることから、100万円以上の配当を帯と呼ぶようになりました。

帯馬券はリスクも大きい

帯馬券は100万円以上の払い戻しなら必ず帯になります。

例えば、単勝10倍の馬に10万円の資金を投資して的中した場合は100万円の払い戻しとなるため帯馬券になりますし、単勝2倍の馬に50万円分の馬券を購入して的中した場合も払い戻しは100万円になるため、帯馬券になります。

少し前に当サイトで万馬券に関する記事を紹介しましたが、万馬券は1万円以上の配当ではなく、「100倍以上の配当」が条件になります。

そのため、例えば単勝2倍の馬の馬券を5,000円分購入して的中した際、1万円の払い戻しになりますが、厳密には万馬券になりません。

しかしながら、帯馬券の定義は100万円以上の払い戻しのため、極端な話、複勝1.1倍の馬の馬券を91万円以上購入し、的中したら帯となるため馬券投資資金さえ確保できれば意外と狙えます。

ただし、一般の人が帯馬券を獲得するだけの軍資金を確保するのは容易ではないですし、外れた時のリスクも大きいためおすすめしません。

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

競馬の帯馬券の取り方2選

競馬の帯馬券の取り方2選

競馬の醍醐味の一つとして、100円が何万円にも何百万円にもなる配当妙味が挙げられます。

特に、競馬は競艇や競輪と比較しても配当が高くつきやすく、三連単で2,000万円越え、WIN5に至っては100円が5億になるケースも過去に見られました。

ほとんどの競馬ファンは少なからず一攫千金を夢見て馬券を購入しているといっても過言ではないでしょう。

ここからは、高配当の代名詞である帯馬券の取り方を2つ紹介します。

固い配当に多額の資金をつぎ込む

一つ目の帯馬券の取り方は、固い配当に対して多額の資金をつぎ込むことです。

例えば、複勝オッズ1.5倍の馬で100万円以上の帯馬券を獲得するには、その馬に67万円相当の複勝馬券を購入することで達成できます。

軍資金さえあれば固い配当やもともとの的中率が高い単勝や複勝馬券でも帯馬券は入手しやすいです。

実際に低いオッズの馬に多額の資金を注いで生計を立てているプロと呼ばれる競馬予想家も世の中に存在しています。

ただし、この方法は一般人からしたら数か月分の給料が必要になります。

また、外れたら財布の中は空っぽになるため、ハイリスクハイリターンな賭け方です。

そのため、一部のお金持ち以外にはおすすめできない買い方です。

荒れそうなレースで穴馬を狙う

もう一つの帯馬券の取り方は、荒れそうなレースで高配当を狙うことです。

先に紹介した【固い配当に多額の資金をつぎ込む方法】とは真逆に買い方で、荒れそうなレースの穴馬に特化して予想します。

荒れるレースは100円が100万円になる可能性が高いです。

また、100万円まで行かなくても10万円の配当に対して1,000円分の馬券を購入していたらそれでも帯馬券になります。

少額で帯馬券を獲得できる可能性が高いので、ローリスクであり、多額の資金を用意できない方におすすめできる買い方です。

ただし、荒れるレースを見極めるのは簡単ではありませんし、その中からどの穴馬が馬券に絡むか予想するのも難しいです。

そのため、ある程度競馬に精通した人でないと難しいです。

あわせて読みたい
応援馬券とは?買い方やメリット・買える場所を徹底解説【ネット購入不可】 応援馬券にはさまざまなメリットがあります。 競馬の馬券には種類が豊富ですが、応援馬券の買い方は1つしかありません。 競馬を楽しむためにも応援馬券の存在は大きな...

競馬場では窓口のみ?帯馬券の払い戻し方法

競馬場では窓口のみ?帯馬券の払い戻し方法

競馬で帯馬券を手にした時の払い戻し方法について気になる方もいるのではないでしょうか。

現在、主な馬券の購入方法は下記の3つが存在しています。

  • 競馬場の券売機
  • 場外馬券売り場の券売機
  • インターネット投票(I-PAT)

本章では上記3つの帯馬券の払い戻し方法について解説します。

競馬場or場外馬券売り場は窓口へ

競馬場と場外馬券売り場における帯馬券の払い戻し方法は同じなので、一緒に解説します。

100万円以上の配当となった馬券は、券売機での払い戻しができません。

仮に券売機に的中馬券を入れたとしても、「そのままお待ちください」と表示されます。

指示通り待っていると、係員の人が窓口へ向かうよう案内されるのでついていきましょう。

向かった先では番号札が渡されて、しばらく待つと払い戻し金の入った現金が手渡されます。

受け渡しの際は特に個人情報の提示等はなく、そのまま現金を受け取ります。

なお、例えば1,000万円や1億を超える金額が的中したとしても、銀行振込等はなく、現金で払い戻しを受け取ることになるので注意です。

インターネット投票(I-PAT)は通常通り払い戻し

インターネット投票(I-PAT)における払い戻し方法は通常通りです。

的中した金額分が自動的にI-PATの専用口座に入金されているので、そのお金を紐づけした口座番号へ出金、もしくは一定期間を過ぎると自動的に出金され、紐づけ口座へ入金されます。

あわせて読みたい
競馬とパチンコどっちが儲かる?還元率の違いから検証【年齢比較あり】 昔から「隣の芝は青く見える」と言われますね。 自分よりも他人がよく見えてしまう心理のことなのですが、競馬とパチンコの関係もそう言えるのではないでしょうか。 競...

競馬の帯馬券における税金の仕組み

競馬の帯馬券における税金の仕組み

競馬の配当はある条件を満たすと税金が発生することをご存じでしょうか?

本章では競馬の帯馬券における税金の発生条件や仕組みについて解説します。

特に、100万円以上の帯馬券を的中した際は必ず税金が発生します。

脱税の罪に問われないためにも是非確認していただきたいです。

年間50万円以上の利益で申告

競馬における税金で有名なのが【一時所得】です。

一時所得というのは、

営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得

引用元:国税庁

のことを指します。

かみ砕いていうと、懸賞などの賞金や競馬や競輪といった公営競技の払い戻し金、法人から贈与された金品など、突発的に得たお金が一時所得に該当します。

ただし、一時所得には1年で特別控除額50万円が設定されているのが特徴です。

一言でいうと、1年の馬券収支が50万円以下の一時所得はすべて控除になるため税金は発生しません。

年間50万円以上馬券で払い戻しを得ている人は多くないため、世の中のほとんどの競馬ファンは一時所得の具体的な仕組みを知らずに馬券を購入していても罪には問われないのです。

あわせて読みたい
三連単フォーメーションをわかりやすく解説!最強の点数計算方法もプロが伝授 三連単は的中したときに大きなリターンが得られるため、多くの人から支持を集めている人気の馬券ですが、高配当とは引き換えに、的中率は著しく低く、かんたんに当てら...

帯馬券は一時所得がかかる

競馬における帯馬券とは、100万円以上の配当を指します。

一時所得の控除額が50万円なので、100万円以上が対象となる帯馬券は一時所得の対象となります。

もしも一時所得を得た際は、翌年に必ず確定申告を行いましょう。

申告しなければ脱税の罪に問われます。

競馬で利益を得たにもかかわらず税金を支払わなければいけないのは癪に思うかもしれませんが、現状、それが法律で義務付けられているので、諦めて支払ってください。

あわせて読みたい
競馬新聞の読み方(見方)は?コンビニで買えるおすすめの新聞と予想法を解説 競馬の新聞は、ただの紙切れではありません。 多くの競馬ファンにとって、競馬の新聞は勝利への鍵を握る貴重な情報源となります。 しかし、初心者にとって、競馬の新聞...

一時所得の計算式

競馬で帯馬券を手にし、一時所得が発生した場合、どれだけの税金が発生するのか気になる方も多いはずです。

一時所得の計算式は下記の通りとなります。

収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額50万円=一時所得金額

一時所得金額×1/2+ほかの所得(給与所得や事業所得)=課税金額

競馬における収入金額とは、馬券の払い戻し金額のことです。

【収入を得るために支出した金額】は競馬において【馬券購入金額】です。

これは【当たり馬券】のみ対象となり、外れ馬券は一切省かれます。

例えば、300万円の帯馬券を的中するために、1点1万円で100点分の三連単馬券を購入したとします。

馬券は無事に的中し、300万円の帯馬券を手にしましたが、【収入金額を得るために必要とした馬券購入費】は1点1万円分しか対象となりません。

購入金額100点分を【収入金額を得るために必要とした馬券購入費】にしたいところですが、法律上は的中した1点1万円しか対象とならないため、税金を求める際は以下の式で求めることになります。

300万円-1万円-特別控除額50万円=249万円(一時所得金額)

多点数で帯馬券を獲得しても一時所得金額は大きくなりやすいです。

しかしながら、少数点買いで帯馬券を的中するのも至難の業で、このあたりのバランスが非常に難しいところです。

もっとも、一時所得が発生しても馬券的にはプラスなので、税金のことを意識するよりも的中を第一に考えて予想に取り組むのがよいでしょう。

あわせて読みたい
【超初心者向け】競馬の始め方・楽しみ方は?スマホアプリを使ったネット投票の方法も伝授 何気なく見たテレビの競馬中継だったり、会社の先輩や同僚に競馬場に行こうと誘われたり、競馬を始めるきっかけは人それぞれですね。 競馬には興味があってやってみたい...

税金を支払わなければペナルティ

競馬における一時所得は翌年の確定申告で支払いますが、もしも支払わなければペナルティが発生する可能性があります。

詳細をまとめると、申告に必要な納税額のほかに「加算税」や「延滞税」、「重加算税」が課せられる場合があります。

加算税は無申告だったり過少申告していた際に発生する税で、割合は約10%から30%です。

延滞税は支払いを延滞した際に生じる税で、延滞期間が長ければ長いほど支払う割合も増えます。

そして、重加算税は無申告だったり隠ぺいを行った際に発生し、課税割合は35%〜40%となっています。

いずれも高額の税金を支払うことになる上、これらは重ね合わせて発生することもあるため、期限内に必ず納付しましょう。

あわせて読みたい
競馬の当たる確率を単勝・3連単・3連複など賭け式ごとに解説【大穴の買い方あり】 競馬の当たる確率はどれくらいかご存知でしょうか? 多くの競馬ファンにとって、当たる確率の理解は馬券を買う上で非常に有効です。 競馬の当たる確率を理解すれば、闇...

競馬の帯を徹底解説:まとめ

競馬の帯を徹底解説:まとめ

今回は競馬における帯について解説しました。

帯とは100万円を超える高配当を差し、ほとんどの競馬ファンが憧れるものです。

的中するには多くの軍資金で固い配当の高額馬券を買う方法と荒れそうなレースでローリスクで購入する方法がありますが、どちらもかんたんなことではありません。

帯馬券を狙うよりは、新クイーンカジノのスポーツベットで高オッズの馬に賭けた方が稼げるはずです。

広告

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

競馬は奥深いギャンブルであり、楽しみ方は人それぞれです。私は、競馬ファン一人ひとりの楽しみ方に寄り添い、競馬の魅力を伝える記事を執筆していきたいと思っています。

<略歴>
・地方競馬新聞記者として10年間勤務
・競馬情報サイトの編集長として5年間勤務
・フリーランスライターとして独立し、競馬関連の執筆活動を開始
・現在は、競馬情報サイトや雑誌への寄稿、競馬関連書籍の執筆などを行っている

目次